地球温暖化がこのまま進んだら日本はどうなる?

地球温暖化の進行については、IPCCなどの国際機関や国立環境研究所などの国内機関が調査をもとに予測を立てています。それによると、このまま経済活動重視で地球温暖化対策が遅れた場合、21世紀後半には日本の夏の平均気温は4度近く上昇します。真夏日でいうと、現在よりも70日ほど真夏日が増加すると予測されるそうです。ということは、夏が今より2か月以上長くなり、さらに今よりも猛暑になるということです。すさまじい変化といえます。北極や熱帯雨林などだけでなく、すでに日本でも沖縄では気温が上昇し、サンゴ礁が白く死んでしまっているという減少も現れています。これらはすべて地球温暖化の原因と言われています。

ここまで夏の暑さが厳しくなると沖縄のような離れた場所だけでなくもっと身近にも様々な問題が起きてきます。そのひとつが感染症の増加です。全ての感染症が温暖化によって増加するわけではありませんが、一部の胃腸炎(食中毒)は気温が高い時ほど起きやすいことが知られています。また、現在は熱帯や亜熱帯にしか見られない感染症が日本国内でも発生するかもしれません。感染症以外でも熱中症リスクは確実に増大するでしょう。

大きな気候変動があれば、農業や工業などの経済活動にも大変動が予想されます。地球温暖化が進んだ場合の日本の姿は正確に予測することは難しいですが、市民生活にも経済活動にも大きな変化があることは間違いありません。ただ、上の予測は地球温暖化対策が遅れた場合です。変動をできるだけ穏やかにするため、今からできる対策に全力で取り組む必要があります。また、企業もコンサルティングを依頼してISO14001を取得する必要があるのではないかと思います。

最近の小中学校を始めとする教育機関でも授業として地球温暖化の問題を大きく取り上げています。小さい頃から環境問題への関心を高めるような工夫がされています。まずは大人から身近なことで節電する、無駄なものを使用しない、など少しずつ環境対策への取り組みを増やしていく必要があるといえるのではないでしょうか。

PR|家計見直しクラブ|オーディオ|英語上達の秘訣|GetMoney|英語上達の秘訣|ショッピングカート|初値予想|クレジットカードの即日発行じゃけん|心の童話|工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|住宅リフォーム総合情報|アフィリエイト相互リンク|健康マニアによる無病ライフ|童話|生命保険の選び方|