ドキュワークスの活用で紙の無駄遣いを予防。

私の職場では、画面上にデータを印刷することができる「ドキュワークス」を活用しています。紙に印刷できるものであれば、ありとあらゆるデータを印刷することができます。ISO14001改訂に伴う対策の一環です。
本物の紙で印刷する前にまずドキュワークスに印刷をし、画面上で誤字脱字を確認します。普通の印刷プレビューとは違って、拡大縮小も自由自在ですし、注目したい部分にピントを合わせて拡大することもできます。印刷されるはずの文字がプレビュー上では切れている、またはその逆、ということもありません。
その確認の際に誤字脱字等、何か問題があればExcelやWord等の元データに戻って修正します。ドキュワークスのデータに問題がなければ、元データに戻ることをせず、ドキュワークスから直接印刷をします。印刷品質が落ちることもなく、元データからの印刷同様に綺麗に印刷できますので問題ありません。
紙に印刷してから間違いに気が付いて、やり直して、また印刷…を繰り返していると、あっという間に紙が無くなってしまいます。しかし一度確認することによって印刷ミスを防ぐことができますので、紙の節約に繋がっています。