環境問題を改善しリクリエーションにもなる植林活動

ISO研修や対応セミナーが当たり前になってきた最近では、環境問題に対する取り組みとしては、植林の活動を積極的にする会社が増えてきました。これは日本の地元の山林などで、木々が伐採された土地に植林をすることで、緑地と資源の再生に一役買おうという取り組みです。

日本国内にとどまらず、海外での植林活動を行う会社も増えてきました。世界中のさまざまな業者が東南アジアや南米の樹木を伐採し、木材を使用していることが影響して、熱帯雨林の破壊されている情況は以前にも増して深刻です。

世界では1年間で四国ほどの面積の森林が失われていくというだけに、日本の企業が率先して世界で植林をすることは、今後の材木需用や環境改善に寄与することだとして注目されています。

資源の再生という意味のほか、植林をすることによるはげ山の土砂災害防止という意味合いも大きくなります。さらに会社の社員が参加をすることは地域との交流・貢献ができるということ意外に、リクリエーションの役割もあって社員が楽しむ空気も作れるのが植林活動なのです。